杖術とは


神道夢想流杖術(杖術、杖道)関連のものを集めています。「初心者の部屋」の内容から比べてかなり重い読み物、内容ですが、興味のある人は一度目を通して頂ければと思います。


杖道とは、杖(じょう)と呼ぶ木製の棒を武器に剣(木刀)と対峙して型試合を行う武道である。宮本武蔵と同時代の夢想権之助が創始した「神道夢想流杖術」を起源とする。約四百年の歴史を持つ福岡発祥の日本古来の武道である。…以下略。

神道夢想流杖術の流祖である夢想権之助勝吉は慶長年間の人で、香取神道流武術の祖・飯篠山城守家直の門に入り香取神道流の奥義を究め、その免許を受け、更に鹿嶋神流の極意「一の太刀」を授かったと伝えられる。慶長元和寛永年間東国に於いて諸国武者修行に出て多くの剣客と立合ったが、一度も敗れた事はなかった。

剣道連盟杖術 昭和十五年大日本杖道会が設立。昭和三十年多くの愛好家の手により日本杖道連盟が結成され、翌年、全日本剣道連盟に神道夢想流杖術の加盟が認められる。

神道夢想流創始者の夢想権之助勝吉は江戸時代初期の剣客である。同流の口伝では名字は山本、諱(いみな)は勝吉である。『武芸流派大事典』によれば本姓は平野、通称は権兵衛。天真正伝香取神道流の奥義を究め、更に鹿島神流(又は鹿島神陰流)の流祖・松本備前守(塚原卜伝の師)についても当流の奥義を会得し、極意「一の太刀」を授かったと伝えられる。

杖術継承の略譜 流祖・夢想権之助勝吉はその後、筑前(福岡県福岡市)黒田藩に召抱えられる。黒田藩ではこれを「男業」のひとつとして,足軽・士分・家老の家臣などに学ばせ藩外不出の御留め武術として十数人の師範家に伝承させた。

img_0144