杖術とは

杖術とは、杖(じょう)と呼ぶ木製の棒を武器に剣(木刀)と対峙して型試合を行う武道である。宮本武蔵と同時代の夢想権之助が創始した「神道夢想流杖術」を起源とする。約四百年の歴史を持つ福岡発祥の日本古来の武道である。

長さ4尺2寸1分(約128cm)、径8分(約24mm)の白樫の棒が標準であるが、本来は、立って足下から胸の高さまでの長さが良いとされている。太刀は3尺3寸5分(101.5cm)、柄の長さ8寸(24.2cm)の白樫の木刀を使用する。

全日本剣道連盟杖道形」は、一人行う基本技十二本、二人で攻防の稽古を行う杖道型の十二本である。型稽古の太刀を「打太刀」(うちだち)、杖を「仕杖」(しじょう)と言う。気合は打ち込みで「エイッ!」突きで「ホォッ!」と力強く発声する。

剣道連盟の型練習(試合と段級位制があり)、及び古流杖術として神道夢想流杖術を各々道場単位で練習・稽古をしている。1974年(昭和49年)から全日本杖道大会が開催されている。

神道夢想流杖術(しんとうむそうりゅう じょうじゅつ)とは

神道夢想流杖術は、日本の杖術の流派。江戸時代初期の武芸者、夢想権之助が創始した。江戸時代には真道夢想流棒術、新当夢想流棒術という名であった。古流杖術では最も普及した流派であり、現代杖道や警杖術の母体となった。当初、真道夢想流と称していたが五代目の統・原田兵蔵が自身の工夫を加え新當夢想流と改称した。七代永富幸四郎のころよりおおいに隆盛し、伝書の整理が行われた。以降徐々に神道夢想流と称されるようになった。1796年に永富幸四郎の門下の大野久作が春吉地区の、小森清兵衛が地行地区の男業師役に任用され、以降1902年に流派統一されるまで二系統にて伝承されていた。

太刀と杖による六十余本の形と剣術十二本の形からなる。 六十余本は段階的に、表、中段、乱合、影、五月雨、奥伝、極意と構成され、それぞれの段階に応じて心身を練る様工夫がなされている。 杖術の特色としては、

『 突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀  杖はかくにも 外れざりけり 』

と道歌に有る様に、杖は太刀とは異なり刃も柄も無ない一見只のまっすぐな棒。しかし全てが刃となり柄となる事が可能で、其の動きは千変万化。突き・払い・打ちを基準の技とし、左右両技を等しく使うことが出来る。返し突き・返し打ちなど右に応じ左に変じ、払えばたちまち打ち、即突きに転じる。左右の技を連続的に使って敵をして応接に暇無からしむるものである。

それと同時に下記の道歌の如く杖術の理念は人を救う事に重点も置いている。

『 疵つけず 人をこらして 戒むる  教へは杖の 外にやはある 』

また併伝武術として、神道流剣術、中和流短剣術一心流鎖鎌内田流短杖術がある。

武道の形の必要性

防具の完備しない時代に於いては、形を唯一の練習方法として、これによって姿勢を正し、目を明らかにし、悪癖を取り去り、太刀筋を正しくし、動作を機敏軽捷にし、刺撃を正確にし、間合を知り、気位を練り、機会を知り、業を修得する等事理両面の修行をなしたものである。

型を演ずる(稽古する)に当っては真剣をもって敵に相対する心持で、寸毫の油断なく一呼吸といえども疎かにせず古法に従い規に則って、確実に練習すべきであり、単に形だけをなぞるのではなく、真剣勝負のつもりで型を得る努力をしなくてはならない。そして型が形だけでなく実際の試合にまで応用し得るように練習すべきものである。