神道夢想流杖術とは

歴史

神道夢想流杖術の流祖である夢想権之助勝吉は慶長年間の人で、香取神道流武術の祖・飯篠山城守家直の門に入り香取神道流の奥義を究め、その免許を受け、更に鹿嶋神流の極意「一の太刀」を授かったと伝えられる。慶長元和寛永年間東国に於いて諸国武者修行に出て多くの剣客と立合ったが、一度も敗れた事はなかった。 更に西国に修行に向かう途中、播州の明石において剣豪宮本武蔵と立合い、二天一流の極意、十字留の技にかかり進む事も 引く事も出来ずに破れた
海上物語』と『二天記』では夢想権之助は宮本武蔵に敗れたと記されている。

それ以来、夢想権之助は武蔵の十字留めを破らんと、筑前の国 (福岡県筑紫郡) に至り、大宰府天満宮神域に連なる霊峰・宝満山に登り、玉依姫を祭る竃戸(かまど)神社に祈願参篭した。満願の夜、夢の中に童子が現われ「丸木をもって水月を知れ」とのご神託をもとに、四尺二寸一分・直径八分の杖を用い、これに槍・薙刀・太刀の三つの武術を総合した神道夢想流杖術を編み出し、再度、宮本武蔵に試合を挑み、見事十字留めを破ったと伝えられる。(奥伝に武蔵を破った技と言われる形が「水月」との名称で伝えられている)
その後、 神道夢想流杖は福岡・黒田藩に用いられ、十数人の師範家を起こし盛大に指南され、特に門外不出のお留め武術として四百年来、伝えられた(但し、この「召し抱え云々」に関しては確かな資料は残っていない)。
また、その術技は江戸期に朝倉地方の三奈木黒田家の家臣にも伝えられ、この地域でも大いに行われた。『筑前續風土記拾遺』の編纂者として知られる青柳種信も杖術の目録の腕前だったと言われる。幕末の勤皇の志士である平野次郎國臣は、福岡の当流十五代の統・平野吉蔵能榮を父に持ち自らも杖術に励み『杖棒故實』を著した。
明治維新を迎え当流は衰退するものの、その時期に残っていた福岡の二派の合同が行なわれ、その後全国に普及活動がなされ戦前は満州等でも行なわれる事となる。

近年において神道夢想流杖は実践的且つ実用的な卓越した武術と高い評価を受け、先の大戦前においては著名な剣道家・柔道家・海洋少年団・満州国全土の青少年訓練に用いられ、戦後には、警視庁機動隊・大阪府警機動隊においても警杖として採用された。
昭和四十三年に全日本剣道連盟において基本技十二本、形十二本からなる全日本剣道連盟杖道制定形が定められた。 その年の五月京都武徳殿演武大会において打太刀 清水隆次範士 仕杖 乙藤市蔵範士により初めて披露された。
現在では各種団体・企業・大学のクラブ活動など、東京・福岡・神奈川・大阪など全国的に普及活動が行なわれており、また海外においても杖道愛好者の増加には目を見張るものがある。

その一方で神道夢想流杖術としての伝承も続けられ、術技と共に古来の切り紙、巻物の伝授も行なわれている。

術技

杖術だけでなく、神道流剣術を含み、一達流捕縄術一角流十手術一心流鎖鎌術内田流短杖術、中和流短剣術が併伝されている。
杖術の技法は手の内の打突を主とし、相手を打ち倒し殺す技ではない。攻撃点は当て身において即倒させる部位であり、殺さずに捕える捕手術の特徴が表れている。
道歌に「疵つけず 人をこらして戒むる 敎えは杖の ほかにやはある」(平野國臣)とある。また、その技法の大要は「突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」と伝書に記されている如く、杖は突き、払い、打ちの千変万化の技を繰り出すことができるという事である。

神道夢想流杖術は、太刀と杖による六十余本の形と剣術十二本の形からなるものである。 六十余本は段階的に、表、中段、乱合、影、五月雨、奥伝、極意と構成され、それぞれの段階に応じて心身を練る様、形において工夫がなされている。%e6%9d%96


神道夢想流杖術の技名称

基本技 本手打     …逆手打 引落打 返突 逆手突 巻落繰付 繰放 体当 突外打 胴払打 体外打
表 太刀落 鍔割    …著杖 引下 左貫 右貫 霞 笠ノ下 一礼 寝屋ノ内 細道
中    段     … 一刀 押詰 乱留 後杖(前・後) 待車 間込  切懸 真進 雷打 横切留 拂留 清眼
乱    合     … 大太刀 小太刀
          …太刀落 鍔割 著杖 引下 左貫 右 貫 霞 物見 笠ノ下 一礼(前・後) 寝屋ノ内(前・後) 細道
五   月   雨  …一文字 十文字 二刀小太刀落 ミジン 同裏 眼ツブシ
五  本  の  乱  …太刀落の乱 左貫の乱 間込の乱 霞の乱 斜面の乱
奥  伝  (仕合口) …先勝 突出 打付 小手留 引捨 小手搦  十手 見返 アウン 打分 水月 左右留
五夢想の杖(極意秘伝) …闇打 夢枕 村雲 稲妻 導母

乱合が終わるまでは、太刀落・乱留・間込・横切留は後の先の業を稽古し、乱合伝習以後は先を取る業を稽古。その他、それぞれに変化・別伝の業があり、修行者の進度により伝習。

併伝武術

神道流剣術(八通大太刀・四通小太刀) 相摺 相摺 鷲 乳拂 左輪 二刀合 受返 摺込 咽中 受流 三受止 突出
内田流短杖術 小手くだき 小手くだき 捨身 繰付 水月 水月 後杖 斜面 斜面 コブシくだき 脛くだき 入身
一角流十手術 〈 表 〉 右剣 左剣 残剣 蹴上 一乱剣 入身 一風 目当 右刀 五輪 一声 霞の剣
〈 裏 〉形名は表と同じ(捕縄一手あり)
一心流鎖鎌術 〈 表 〉 居敷 添身 羽返 無眼 十文字 振込   振込 磯の波 巽巻 三所詰 浮船 袖搦
〈 裏 〉形名は表と同じなるも振込が三本となる 〈 奥 〉 前後 左右 鑓合
一達流捕縄術 〈 早縄 〉 一文字縄 菱縄 十文字縄 翅附

証書(皆伝者により名称、内容等は変化あり)

  • 奥入証: 奥の稽古を始めたときに授与される。形態は切紙。
  • 初目録: 奥伝が終わった者の心技の程度により授与される。五月雨までの教授を許可する内容。
  • 後目録: 心技の程度により授与される。
  • 免 許: 極意を一本学んだときに授与される。極意を五本とも学んだ時に皆伝という