清水隆次


清水 隆次(しみず たかじ)

神道夢想流杖道師範 (第25代師範)
生年 明治29(1896)年12月31日
出生地 福岡県京都郡犀川町
没年 昭和53(1978)年6月22日
享年 81歳
法名 隆昌院神道夢想流杖聖居士
墓所 東京都港区 海蔵寺 (『普及会だより」…東京北青山の清水家菩提寺海蔵寺)

概略歴

大正2年福岡市の元黒田藩杖術師範神道夢想流杖道第24代師範・白石範次郎道場に入門。大正9年23歳で「夢想流杖道」免許皆伝。大正10年「一心流鎖鎌術」、「一角流十手術」、「一達流捕縄術」、「内田流短杖術」のそれぞれ免許皆伝を受ける。
昭和5年大日本武徳会杖道捕縄術錬士称号。
東京警視庁の弥生神社奉納大会に招聘を機に昭和6年から警視庁嘱託武道講師となり、また講道館主・嘉納治五郎の要請で柔道4段以上に杖道を教授する。8年正式に警視庁警察官となる。昭和10年杖術教士号を授与。
昭和35年に改めて全日本剣道連盟の杖道範士授与、昭和45年杖道9段となった。同年武道使節として全米を回り、昭和47年には東南アジア各国を歴訪した。
著書に「杖道教室」がある。

略年歴

大正2(1913)年…神道夢想流杖道師範の白石範次郎に入門
大正9(1920)年…神道夢想流杖道免許皆伝を白石範次郎より授与。以来 京都武徳会の大会(戦後は日本剣道連盟主催の京都大会)に出場
大正10(1921)年… 一心流鎖鎌術、一角流十手術、一達流捕縄術の免許皆伝を受く
昭和2(1927)年…警視庁弥生祭奉納武術大会において神道夢想流杖術を演武
昭和5(1930)年…大日本武徳会より杖道、捕縄術錬士を授与。杖道普及のため上京
昭和6(1931)年…上京後、警視庁の武道講師を務める。又、講道館柔道創始者の嘉納治五郎の要請で、講道館において杖術を指導。同年、大日本武徳会より捕縄術精錬証を授与
昭和8(1933)年…警視庁特別警備隊(後の機動隊)発足に伴い警杖術訓練を指導。警視庁杖道師範就任(同時に警視庁は杖を警官の装備品として採用)
昭和10(1935)年…大日本武徳会より杖術教士号を授与。
昭和14(1939)年…満州各地で指導
昭和15(1940)年…「五本の乱」制定。「大日本杖道会」創設に参画
大戦の後、警察大学校逮捕術教範制定の委員を務める。
昭和30(1955)年…「日本杖道連盟」創設に参画
昭和35(1960)年…全日本剣道連盟より杖道範士号を授与。
昭和39(1964)年…東京オリンピック・デモにて杖道を演武。
昭和40(1965)年 …「錬武館」竣工(東京都世田谷区)
昭和42(1967)年 …錬武館発行「杖道教範」を出版。夢想権之助神社を建立(福岡県太宰府市)
昭和43(1968)年…全日本剣道連盟杖道制定委員を務める。全剣連制定委員として杖道形12本を制定。全日本剣道連盟より杖道八段を授与
昭和45(1970)年…全日本剣道連盟より杖道九段を授与。勲六等単光旭日章を授与
昭和51(1976)年 日貿出版社発行「杖道教範」を監修。杖道発祥の地に記念碑を建立(福岡県太宰府市)
昭和53(1978)年6月22日永眠(享年81才)

晩年迄の主な役職

神道夢想流杖道錬武館館長
神道夢想流杖道研修会師範(現日本杖道会本部道場)
日本杖道連盟会長
神道夢想流杖道振興会会長
日本古武道振興会常任理事
東京都剣道連盟杖道部長並びに審査委員長
日本剣道連盟杖道委員長並びに審査委員長
東京都古武道振興会副会長
警視庁武道講師

主な受賞

昭和45年…勲六等単光旭日章
昭和53年…従七位を授与

神道夢想流杖術免許皆伝
全日本剣道連盟杖道範士九段
警視庁杖道名誉師範