中山博道

中山博道(なかやま はくどう/ひろみち)

明治5年(1872)2月11日-昭和33年(1958)12月14日
生地 石川県金沢市
享年 84歳
墓地 天真時(東京都港区南麻布)

武術略年表

明治26年(1893)年…神道無念流目録
明治35(1902)年  …神道無念流免許皆伝
明治39(1906)年  …大日本武徳会剣道精錬証
明治41(1908)年  …大日本武徳会剣道教士
大正9(1920)年  …大日本武徳会剣道範士及び居合術範士
大正11(1922)年  …無双神伝英信流抜刀術免許
昭和2(1927)年  …大日本武徳会杖術範士
1957(昭和32)年  …全日本剣道連盟からの剣道十段を辞退

身長160cm、体重60kgの短躯であったが、大日本武徳会から史上初めて剣・居・杖の三道で範士号を授与された人物である。昭和の剣聖とも言われた人物。

彼は、「内田良五郎師範より神道夢想流を学んだことにより剣道の裏が解り、杖の技が剣道に大いに役立った」と後に述懐している。