内田良五郎

内田良五郎(うちだ りょうごろう)

生地 筑前国(福岡県)福岡地行五番丁
天保8年4月9日(1837年)~ 大正10年9月22日(1921年)
幕末~明治期の武道家、そして筑前勤皇党の志士
享年84歳

「内田良平」の墓の裏側に独立した墓所として「内田家累代之墓」が建つ。左側に墓誌があり、俗名・没年月日・行年が刻む。戒名の刻みはない。 墓誌には良五郎と刻む。
内田流短杖術の創始者
幼名は幸太郎。良之助そして後に良五郎と改める。筑前(現在の福岡県。古称は筑紫と云う)の人。
平岡仁三郎の第一子。13歳の時内田武三の養子となる。内田氏の先祖は平康頼(平安末期頃の人)。黒田氏に足軽として仕える。明治維新以前は平野国臣に仕えていた。
戊辰(ぼしん)戦争(1868~1869年)で東北の地に転戦して功名を立てる。禄4人扶持12石に加増して士籍となる。

維新の初め、藩政改革において藩の軍事係となり、明治四年に陸軍少属に任ぜられる。明治7年佐賀の役、西南の役等に赴く。
良五郎は尊王の志士として平野国臣(攘夷派の人。寺田屋事件で投獄)の門に出入し、国事に奔走する。国臣の死後、藩より忌み嫌われる。国臣の仲間と共に共に幽囚に処せられる。
また彼は藩の軍制改革を主張している。戊辰戦争での実戦上の経験を元にした案の実行を迫る。その建議が入れられて良五郎は軍事掛書記に任じられた。
廃藩置県(明治4年7月14日)に際し彼は陸軍少属に任じられ、更に武器掛(旧藩所有の武器保管係)を命ぜられる。その後、職を辞任して、以後復任しなかった。

良五郎は武術をもってその躰躯を錬磨し、精力絶倫、苦寒にも耐える人間であった。平素は漁猟を営み、烈寒の季節、烈寒の水中でも数時間近く仕事をしても、それでもなお寒さを感ぜずと話していたという。
毎朝早暁起床、必ず四斗の米を炊き終えた後、武芸修錬に出るのを常としていた。身長は5尺6寸余(約170センチ)で筋骨隆々、膂力(腕の力)は人に優れていた。彼は天才的な武術の技量の持ち主で、剣術、槍術、馬術、砲術など武芸百般に通じその奥義を究めた。
剣術は小野派一刀流の幾岡平太郎より免許を、そして中西忠太の皆伝を許される。柔術は扱心流を藩の師範石川雄兵衛に、棒術は天真正伝神道夢想流、及び捕手一角流は平野吉右衛門に、砲術は津田武右衛門に学び、鎗術と共に悉くその師の免許を受けた。

晩年に至り洋杖術(内田流短杖術/ステッキ術)を創案する。その術は非常に変化に富み、これを以て対敵の用に供するに極めて効能ありと言われた。その術は元々棒術(神道夢想流杖術)から考案したものだとの事。
また神道夢想流杖術の普及活動にも尽力した。このステッキ術と共に東京において剣客中山資信(剣聖の中山博道の本名)に皆伝した。中山は内田良五郎から杖術を学んだことによって剣道の裏が分かり、杖の技が剣に大いに役立ったと語っている。
中山博道は剣道・居合・杖道の三道に精通した数少ない三道範士である。

内田は晩年には和歌を楽しんでいたとも言う。