併伝武道

併伝武道

神道夢想流杖術は杖術としての武術だけではなく、他に何種類かの武術も稽古します。
簡単ですがそれぞれの物を下記に記載します。参考になれば幸いです。

神道流剣術
一角流十手術
一心流鎖鎌術
内田流短杖術
中和流短剣術



神道流剣術(しんとうりゅう けんじゅつ)

神道夢想流杖術には、剣術として大太刀八通、小太刀四通の刀法が伝えられているが、この剣術を通称として「神道流剣術」と言っている。当流派の付属武術は正確には神道流剣術だけであり、十手、鎖鎌等は伝承の過程で派生してきたものである。

開祖夢想権之助勝吉は、神道流(新當流)剣術、長刀(なぎなた)術、槍術等の伝承者で、その術技を基に杖術を編み出したため、併伝の術として、杖術の奥伝の後に大太刀八通り、小太刀四通りの神道流の太刀を伝承の中に加えたのである。

また、この神道流剣術十二本、四通八通(しつうはっつう)と称しているものは表技であり、夢想流杖術の打太刀がその影技とされ、さらに伝承の過程で神道流(新當流)の術が混在して現在の形となっている。

現代剣道とは異なり、押切や下からの切上も行う刀法である。

大太刀八通

合寸 (あいすん)
逆合寸(ぎゃくあいすん)
鷲  (じゅ)
乳払 (ちばらい)
左輪 (さりん)
二刀合(にとうあい)
受返 (うけかえし)
摺込 (すりこみ)

小太刀(四通)

受流 (うけながし)
咽中 (いんちゅう)
三受止(みうけどめ)
突出 (つきだし)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


一角流十手術(いっかくりゅう じってじゅつ)

創始(流祖) 松崎金右衛門重勝(神道夢想流杖術 第3代目師範)
創始時期   江戸初期

十手術の流派のひとつ。福岡藩において、主に下級武士が学ぶ捕手術である「男業」のひとつとして伝えられた男業の中の捕縛術としての一角流があり、その一部である手棒術を取り出して残したという側面がある。手棒の変化に十手や鉄扇の使用法があり、それが現在の一角流十手術となった。なお、一角流流儀の本体である捕縛術に関しては残念ながら絶伝している様である。
現在は神道夢想流杖術に併伝されている。

江戸時代には犯罪人を捕まえるために大いに活用された。

術の稽古は,金属製の「十手」および「鉄扇」と「太刀」(主に木刀)で行う形武道である。斬り込んでくる太刀に対して,十手で受けたり打ち込んで応じる。太刀術に比べて間合いが近いため、より体術に近い動作となる。%e4%b8%80%e8%a7%92%e6%b5%81%e5%8d%81%e6%89%8b

伝書に

『振り下ろす 太刀の下こそ地獄なれ ぐんと踏み込め 後は極楽』

とある。

一角流十手術の形

一声 (いっせい)
右剣 (うけん)
左剣 (さけん)
残剣 (ざんけん)
蹴上 (けあげ)
一乱剣(いちらんけん)
入身 (いりみ)
一風 (いっぷう)
目当 (めあて)
右刀 (うとう)
五輪 (ごりん)
一声 (いっせい)

十手術の補足

「じって」と読む。太さ5分 (約1.5cm)の金属の丸棒の柄部分に鈎(かぎ)を付けた非常に単純な武器。江戸期の町奉行所も十手を使用していたが、長さや材質、形状は身分 (与力、同心、岡っ引) によって異っていた。材質は普通は鍛鉄(たんてつ/剣と同じ鍛えた鉄)だが、同心の巡回用の十手だけは真鍮だったと言う。

起源は室町時代中期から末期と言われており、定説はないものの中国からの輸入説や日本の馬具を改良したものからとの説がある。その頃には木製の十手が現れ、「十手術」という呼称が用いられている。

室町末期の天文・永禄のころ竹内流腰の廻りが小具足捕縛の術として研究完成されている。

戦国期には鉄製の十手は兜割りの武器として知られるようになった。宮本武蔵の父は十手術の達人としてつとに有名であった。

江戸時代には鉄製と真鍮製の十手が主流となる。幕府支給の十手は大体一定の形をしていたが、武士の十手などは江戸以外の諸都市で、使用目的で、また個人の好みによって色々な形のものが作られるようになった。

基本的な使い方としては、片手で握り、相手の刀を十手に付いている鈎を上手く使って相手の手元に付け込み、思い切り殴り付けるというもであった様だ。

十手術については犯罪人の捕縛を目的とするものや、武士の用いる武士十手等があり、江戸町方十手捕縄扱い様(術)や一角流十手術、柳生流(十手術)などに伝承されている。

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


一心流鎖鎌術(いっしんりゅう くさりがまじゅつ)

流祖 念阿弥慈恩(ねんあみ じおん)
生年 正平5(1350)年
生地 奥州相馬(福島県原町市)
俗名 義元
没年 不明

一心流鎖鎌術は、鎌術から派生した武術である。我が国の武道史の源流をなす念流の始祖として名高い念阿弥慈恩にその源を持つと云われる。鎖鎌を片手に鎌の柄を握って構え、片手に分銅のついた鎖を振り回し、鉄で出来た分銅を相手に打ち付けたり、鎖を相手の武器に巻きつけて奪ったり、また刃の付いた鎌でとどめをさす武術。鎖鎌の形状、長さ、鎖の位置等は流派により異なる。
使い手としては、宮本武蔵と戦って敗れたとされる宍戸梅軒が有名である。

慈恩

流祖の慈恩は、正平5(1350)年、相馬四郎左衛門尉忠重の子として奥州相馬(福島県原町市)に生まれ、俗名を義元と云う。慈恩の父忠重は、新田義貞(鎌倉期-南北朝期の御家人)に仕えた強弓の達人として知られていた。父忠重は大功を立てたが、義元(慈恩)5歳の時に妄人に討たれた。義元は乳母に匿われて武州(武蔵国/現東京・埼玉付近)に難を逃れた。

7歳の時、義元は相州藤澤(現神奈川付近)の遊行上人のもとに弟子として預けられ、念阿弥と名付けられる。

彼は父の仇を晴らすために兵法、剣術の修行に励む。10歳の時、京都鞍馬寺において異人に出会いその武術の妙技を授かる。後年、鞍馬で法を修めたので、奥山念流または判官流とも言い、また鎌倉でも学んだので鎌倉流とも言った。

16歳の時、鎌倉寿福寺の神僧から武術の秘伝を受ける。

元服して相馬四郎義元と名乗り、密かに奥州相馬(東北地方)に戻って念願の仇敵を討つ。服喪三年の後、再び出家し禅門に入り名も慈恩(念阿弥慈恩)と改め、諸国を遍歴し各地に剣法を伝えたと云う。

慈恩は晩年(応永の頃/1394-1427頃)浪合村(長野県下伊那郡西南部付近にあった村)に籠居し長福寺を建立した。没年は不明である。

慈恩とその流派・系譜

慈恩には多数の門弟があった。その中の一人、中条判官は三河の人で、慈恩の後を承けて中条流を創始した。その流れを汲んで富田流を開いたのが富田丸郎右衛門。富田勢源はその子で永禄年間(1558-1570年)の人。門弟の伊藤一刀斉はその後、一刀流を起こした。

因に維新で活躍した山岡鉄舟、千葉周作は、いずれも一刀流の系統を曳く剣客であった。

慈恩高弟の一人の堤法讃は、一心流鎖鎌術の第二代師範となる。後世において流派名は宝山流とも呼ばれている。

当鎌術は慈恩から第六代の丹一心により纏められた術技である。神道夢想流二十四代宗家の白石範次郎が一心流鎖鎌術十代宗家でもあったため、杖術と共に今に伝えられている。一心流の鎧組打等については、一部一心流鎖鎌術に反映していると思われるものの、残念ながら絶伝している様である。

さらに黒田藩の男業において、杖については夢想流の他に天阿弥流杖術、神乳限木術、また捕縛術については一角流、一達流の他に制剛流、自剛天真流等が学ばれていたため、十手、鎖鎌はそれらの流派の術が奥伝、口伝等として若干付け加えられていると思われる。

当術は代々の師範に継承される事となる。

現在、鎖鎌術をベースにした、より安全性を考えられた「スポーツ鎖鎌」も盛んとなっている。

系譜

天眞正念阿弥慈恩(流祖)
堤山城守法讃(宝山)
吉岡太郎左衛門 無二斎
山田心流軒
由井民部之助橘正雪
丹一心
高木仁郎
芦田林平
森方丙作
白石範次郎重明
清水隆次克泰
神之田常盛

鎖鎌術は各流派に伝承(含併伝)されているが下記に伝承している流派名を記す

心鏡流
神道夢想流杖術(一心流鎖鎌術として併伝)
不遷流柔術(山田流鎖鎌術)
二刀神影流(創始は大正時代)
卜伝流(柳剛流剣術に併伝)
金輪流
正木流
荒木流
竹内流
渋川流
渋川一流
楊心流(薙刀術)
天道流
戸田派武甲流薙刀術
駒川改心流
柳生心眼流
直猶心流(直心影流薙刀術に併伝)
気楽流

鎖鎌術の技術

居敷 (いしき)
添身 (そえみ)
羽返 (はがえし)
無眼 (むがん)
十文字(じゅうもんじ)
振込 (ふりこみ)一文字
振込 (ふりこみ)十文字
磯之浪(いそのなみ)
巻落 (まきおとし)
三所詰(みところづめ)
浮船 (うきふね)
袖搦 (そでがらみ)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


内田流短杖術(うちだりゅう たんじょうじゅつ)

半棒術(はんぼうじゅつ)とは、半棒と呼ばれる3尺程度の棒を遣う日本の伝統武術。明治時代以降はステッキ術、短杖術という名称が用いられる場合もある。

棒術と言われる武術は一般的には6尺(180~200cm)の棒を使用する。その半分の長さの3尺(約90cm)棒であることから「半棒」と称する事が多いが、およそ棒術、杖術、乳切木(ちぎりぎ)術、半棒術等の区分は各武術によって定義がそれぞれ異なっている。例えば、四尺棒や五尺棒のことを半棒と呼ぶ場合もある。あるいは、振り杖もしくは乳切木等と呼ばれる、棒先に分銅鎖をとりつけた武器を「半棒」と称する流派などもあり、実際には明確に分ける事は困難である。 江戸時代の捕方では、捕具として六尺棒のほかに半棒も使用している。また、町人が自衛用・闘争用に半棒を所持する、という記述が江戸時代の随筆に見られる。

半棒術を使う流派を下に記載する

九鬼神流半棒術   (九鬼神流棒術に附属。九鬼神流棒術とともに高木流柔術に併伝)
竹生島流半棒術
無辺要眼流半棒術 (諸賞流宗家が継承していた時期があったが、現在は別々に伝承)
今枝新流短杖   (今枝新流杖術に附属) 楊心流半棒術

神道夢想流杖術併伝武道の内田流短杖術の創始は、安政の頃人、平野三郎能得の兄弟弟子である内田良五郎が考案し、それ以来神道夢想流杖道とともに継承されており、別名ステッキ術と言われているものである。杖の長さは約三尺位、直径八分位とされているが、使用する人の体長に応じて長くも短くも、自分の杖・ステッキとして使用しやすいものを使う。

内田流短杖の型(系12本)

小手打(こてうち)(左・右)
捨 身(すてみ)
繰 付(くりつけ)
後 杖(うしろづえ)
水 月(すいげつ)(左・右)
斜 面(しゃめん)(左・右)
拳 砕(こぶしくだき)
入 身(いりみ)
脛 砕(すねくだき)

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


中和流短剣術(ちゅうわりゅう たんけんじゅつ)

流祖は、丹波の住人小谷惣右衛門とされており、黒田藩に伝承さていた。 一角流十手術とほぼ同じ技法である。

平野三郎能得、吉村半次郎義信の二名が中和流剣術を学んでおり、十手術の十手、鉄扇を短剣に、打太刀を中和流抜刀術に組み替えた中和流短剣術の祖と考えられます。 一角流十手術とほぼ同じ技法となっています。

表、影とも同名である。なお、霞の剣は口伝であり、伝承者にのみ伝えられる。

右剣 (うけん)
左剣 (さけん)
残剣 (ざんけん)
蹴上 (けあげ)
一乱剣(いちらんけん)
入身 (いりみ)
一風 (いっぷう)
目当 (めあて)
右刀 (うとう)
五輪 (ごりん)
一声 (いっせい)

口伝

(霞)(かすみ)