杖術(的)のイラストアルバム


アルバムの表示の仕方(数種類の方法があります)

作 品  表示  サムネイル作品をクリックすると拡大表示
作品間の 移動  表示作品の矢印(← →)をクリックまたは、キーボード矢印(左右)
アルバム 終了  作品右上部の「」印をクリックまたは、キーボードの「esc」または、作品区域外をクリック



杖術(的)なイラストアルバム

杖術関連のイラストを集めてみました。絵の練習中 (デッサン練習)に気に入ったものや他の剣術系の作品(と言うか挿絵的なもの)も入っていて雑多な感じのアルバムになっていますが、気にしないで下さい。
最近描いた絵も入れています。杖を持っただけのJK的な娘は、杖術武道画とは別な路線を目指して作ったものです。
純粋な杖術作品の数は少ないのですが、そこは追々と。

武器を構えた絵と云うのは(自分にとっては)非常に難しいです。全体のバランスが取り辛いのです。デッサン力の事は兎も角、描き辛い事この上もありません。
何故なのでしょうかね。勿論描き馴れていないと言う事もあるんでしょう。ずっと体術系ばかりの作品を作っていましたので。

話は若干飛びますけど、描き手にとって人間と動物のどちらが難しいか?…やっぱり人間です。当たり前の話、人間から観ると人間は微妙なズレがあっても気になるモノなのです (特に顔は)。その点動物や機械類は余り見慣れていませんので、若干デッサンの不満があっても意外にマトモに感じます。
何も知らない人にとっての杖術の絵も同じで、指の形や足の配置、姿勢、目の配りが少々間違っていても何となく杖術的な絵に見えます。でも、実際に練習している人が観るとそのズレに違和感を覚えるのです。ましてや作者にとっては。

そんな細かい部分まで気にし出すと、描けなくなってくる時があります。そういう意味で、杖術のイラストは難しいですね。ざっくばらん(ある程度適当)に描きたいとも思いますが、変にプライドが働きますので、地味なモノしか出来ない事が多いのです。(空手や中国拳法から比べると、杖術の動きってかなり地味ですよね)
でも、観る人間はそんな事ってほとんど考えてません。可愛い女の子が笑いながら(でなければ真剣な表情で)剣や杖を持って、何となく構えていればそれでいい訳です。
で、そんな感じの絵も描いています。どちらが良いとかどうかは個人の好みですが、余り描かないこの手の絵を描く事も、若しかして勉強なのかもしれません。

杖術をしている人にも満足して貰い、尚且つ普通の人にも綺麗に思って貰える、そんな作品を作る事が出来たら、こんな幸せはないんでしょうね。

ネットを検索していても「杖術」のイラストは意外に少ないものです。杖術需要が極端に少ないのが主な理由でしょう。勢い描く人はもっと少ない。そこにこの手のジャンルに入り込める隙間産業がありそうです (^_^;
で、色々今から頑張って描いていこうかと思っている次第です。

このアルバムを少しでも楽しんで頂けると、嬉しいですね。


もし絵の好きな方が居られましたらこちらのアルバムもどうぞ♪

武道のイラストアルバム   普通のイラストアルバム