普通のイラストアルバム


アルバムの表示の仕方(数種類の方法があります)

作 品  表示  サムネイル作品をクリックすると拡大表示
作品間の 移動  写真の矢印をクリックまたは、キーボード矢印(左右)
アルバム 終了  作品右上部の「」印をクリックまたは、キーボードの「esc」または、作品区域外をクリック


 

 


普通のイラストアルバム

杖術のサイトコンテンツにこんな普通のイラストを掲載するのはどうかとも思いますが、まあ発表の場が有るって言うのは、作り手にとっては非常に励みとなるものなのです。で、少々の無理矢理感は感は無視して頂いて鑑賞してください。

掲載作品の大半はイラストサイトの「pixiv」に載せたものです。4年前からの投稿になっています。
それまでは一人で描いていまして、かなりの断続的な、そして創作・停止期間の幅の大きな波を経ていました。作っても見てくれる人が居ないとモチベーションは下がる事はあっても、上がる事はないんですよね。

Pixivはイラストを中心とした投稿・掲載サイトです。観て気に入った作品に対して、会員各自持ち点の10ポイントをその作品に投票出来ます。ちょっと気に入った作品にはコメントを入れる事が出来ます。更にお気に入りの絵師(作家)さんには「フォロワー」として応援する事の出来る、作家にとっては天国的な場所、別の意味では地獄の入り口とも言えるシステムを取っています。(自作品への評価は、これはとても怖いものなんです)

投稿を初めてしばらくの間は自分の作品にはほとんど点が入りませんでした。
当たり前です。このイラストサイトの登録会員数は1000万人以上!作品投稿数は24時間に、なんと数万点。
内容はプロの作品(級ではなく、本当にプロの作品)から小学生の描いたお絵かき作品までピンキリです。膨大な数の絵(含小説、アニメ等)が数十秒単位で激流している、そんな現実離れした場所です。
1枚やそこら投稿した処で、数秒後にはあっという間に探せなくなるそんな恐ろしいサイトに、知らずとは言え自分の作品を出してしまったのです。

暫くは落ち込みましたけど、…でも、投稿が10作以上になった頃から変わってきました。感想も貰えて落ち込みも癒えて、やっと本格的に描かねばと思える様になりました。

今はフォロアーも96名。投稿作数も100になりました。(でも、普通はこの数倍、ランキング絵師さんになる百倍程のフォロアーが居ますので、全然… (T^T)  たまにフォロワーさんから意見や感想を貰えます。これが嬉しいんですよね。

そういう血と涙の結果の作品を集めてみました。色んなジャンルが混じっていますが、それはそのままの意味で様々なジャンルに挑戦した歴史の軌跡です。

そんな感じの様々な作品をアルバムにしてみました。今後徐々に作品数も増やしていきたいと思っています。

もし普通の絵に物足りなさを感じる方は,こちらをどうぞ。

杖術(的)のイラストアルバム

武道のイラストアルバム