杖術とは(要約)


杖術というのは、杖(じょう)と呼ぶ木製の棒を武器に剣(木刀)と対峙して形試合を行う武道です。宮本武蔵と同時代の夢想権之助が創始した「神道夢想流杖術」を起源とします。約四百年の歴史を持つ福岡発祥の日本古来の武道です。
長さ4尺2寸1分(約128cm)、径8分(約24mm)の白樫の棒が標準ですが、本来は、立って足下から胸の高さまでの長さが良いとされています。太刀は3尺3寸5分(101.5cm)、柄の長さ8寸(24.2cm)の白樫の木刀を使用します。

全日本剣道連盟杖道形」は、一人行う基本技十二本、二人で攻防の稽古を行う杖道型の十二本です。形稽古の太刀を「打太刀」(うちだち)、杖を「仕杖」(しじょう)と言います。気合は打ち込みで「エイッ!」、突きで「ホォッ!」と力強く発声します。
剣道連盟の形練習(試合と段級位制があります)、及び古流杖術として「神道夢想流杖術」を各々道場単位で練習・稽古をしています。1974年(昭和49年)から全日本杖道大会が開催されています。

img_0118